北海道米

北海道は全国でも有数の米産地です。生産される品種も、近年話題のゆめぴりか、ふっくりんこ、おぼろづきから、ななつぼし、きらら397といった、北海道でもスタンダードな品種まで多岐にわたります。

北海道でお米の生産が始まったのは、1873年、札幌郡月寒村島松(現在の恵庭市)で、北海道初となる寒冷地米「赤毛種」を栽培することに成功させた中山久蔵が、今や全国で一、二を争う米の生産地となった北海道での米栽培の礎を築きました。

現在では新潟県と、作付面積と収穫量を争い、広大な土地と豊かなお水を活かし、日本の米処として名をとどろかせています。

地元北海道では、ほとんどの人が北海道米を食べています。これらのお米は全国にも流通され、様々なところで食べられています。

そんな北海道米の中でも、厳選された商品をお届けしてまいります。