当別町の栄木さんが作った減農薬米 おぼろづき(玄米、5kg)

2,400 
在庫あり
+

当別町の栄木さんが作った減農薬「おぼろづき」
当別町は、札幌の中心部から約20kmの位置にあり、石狩支庁管内では有数の米どころとして知られています。この「おぼろづき」を生産する栄木さんは、エコファーマーの認定を受け、農地の環境への配慮や生産力の向上などに力を入れています。

他にはない、粘り強さがたまらない!

おぼろづきの一番の特徴は、その柔らかさと粘り強さです。味は噛めば噛むほどに甘みが増し、独特の風味が広がります。これは、お米に含まれるでんぷん成分の1つ「アミロース」の割合が少ないから。この成分が少ないとお米は粘りが強くなると言われています。ほかのお米はアミロースの割合が平均で20%前後ですが、おぼろづきは14%前後! この個性的な味わいで、食味官能試験では新潟コシヒカリに匹敵する評価を獲得しました。
通常の水量で炊き上げると、柔らかすぎる、粘りが強すぎるということがあります。普段よりも、1合につき大さじ1杯程度(7~15cc)水を少なめにすると、おいしく炊き上がりますよ!
また、おぼろづきは冷めても粘りがあって美味しいので、お弁当やおにぎりにも最適です。粘りのあるお米がお好みの方は、ぜひ一度お試しください!

おすすめの食べ方は、ほかの白米と混ぜる方法です。玄米を混ぜて食べる場合、白米に対して、15%から20%ぐらいの分量を混ぜるとおいしく食べられます。ぜひ、ご家庭でお試しください!

【特別栽培農産物とは】
その農産物が生産された地域の、節減対象農薬及び化学肥料の使用状況に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下で栽培された農産物です。
農薬や化学肥料を使わず、手間をかけて作られたななつぼしです。小さなお子様にも安心して食べさせられます。

こちらの商品もオススメです